NEWS

psm-00303r

この度、今年最後となる13日の金曜日に相応しい衝撃の”禁忌”ホラーの謎に迫る特別映像を解禁いたします!

本作は、田舎へ引っ越してきた家族が、新居の裏にある謎めいた動物の墓地“ペット・セメタリー”と奥深くにある邪悪な森の土地によって破滅の一途を辿ることとなる衝撃の”禁忌”ホラー。今回解禁された特別映像では不気味なお面を被った子供たちが墓を練り歩く奇怪さや、先住民が森に残した謎の印、本に記された“ウェンディゴ”という悪霊の存在から、闇の奥深くに森が生きているような得体の知れない恐怖が漂い、まさに不吉な日・13日の金曜日に相応しい映像です。そして娘を失い悲しみに暮れる父・ルイス(ジェイソン・クラーク)に、隣人のジャド(ジョン・リスゴー)は、「あの土地は、死者を生き返らせる」と明かし、森の中へ足を踏み入れる二人。禁忌に触れてしまったルイスたちの元には、想像を絶する恐怖の代償と破滅の一途が待ち受けています!

s-%e3%82%b5%e3%83%96%ef%bc%96psm-09913r

本作のメガホンをとったケヴィン・コルシュ監督&デニス・ウィドマイヤー監督はどちらもスティーヴン・キングの熱狂的な大ファンであり、10代の頃に小説版を読んだデニスは「非常に人間らしい要素を取り上げている。家族を守るために思いも寄らないことを犯してしまうことで、全てが始まる。読み進めたら危険な本だと感じたが、想像通り、長い間頭から離れなかった」と語っており、ケヴィンも「S・キング史上最恐の作品が『ペット・セメタリー』だ」と、この作品が秘める脅威を力説しています。『キャリー』(76)や『シャイニング』(80)を抑えて、キング映画の中で当時最高の興収を上げた前作ですが、原作とファンの気持ちを深く理解したケヴィン&デニスが描くリメイク版の本作では、原作や前作で中心になっていた一家の息子の弟ではなく、姉を話の中心に置き、生き返らせたことで、より一層「家族」と「死」というテーマが深掘りされており、全米公開後”最高のスティーヴン・キング映画の1つ”とも評されています!遂に日本上陸する本作の続報に是非、ご注目ください!